2011年04月28日

花を植える被災者




前橋バラ園のガイドの人達が花とプランターを持って来てくれました。
軽トラに乗っけて来ました。総出で花植えです。天気も良くたのしくかったです。

この後、昼食ボランテアの昼食隊の方々が昼食のお稲荷弁当を届けていただきました。
昼食隊は地元の有志の人達によるサービスです。忙しい中本当にご苦労様です。

明日から当館の本業である学生合宿のはじまりです。被災者の方々はロッジ辰巳屋に移動していただきます。
再避難で申し訳ないですがよろしくお願いします。
posted by 辰巳屋旅館の番頭さん at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 辰巳屋 六六三十録

2011年04月25日

村会議員選挙終わる

19日に告示された村会議員選挙が昨日で終わりました。
3人の落選者が出る12年ぶりの選挙で村は大変に盛り上がりました。
私も忙しかったです。支持した候補者は当選しましたので良かったです。

連休前のこの時期は、田んぼの用意、テニスコートの整備と追われる日がつずきます。
暖かくなったので、ゴルフにも行きたいです。でも肩がいたい、50肩です。

昨日片品から85人の被災者が帰りました。当館の被災者は帰りませんでした。
28日東電の義援金の説明会の通知が今日きました。
やっと東電が被災者の前に姿をあらわしました。
今までいろんな人がボランテイアやら、支援物資やら手助けの手を差し伸べてくださいました。
東電は支社が近くにあるのに誰も顔を見せませんでした。
誠意を見せてほしいものです。
posted by 辰巳屋旅館の番頭さん at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 辰巳屋 六六三十録

2011年04月17日

誕生会





4月15日 鈴木さん小武海さんの誕生会です。月1回のお楽しみ会です。
最初に配宿され移動した田中さんの津軽三味線はすばらしいものです。奥さんの民謡、息子さんの歌もすごかったです。田中さんはいま全村の被災者のスターです。明日は岩鞍リゾートで演奏会をやるそうです。

当館には89歳の高橋さんがいます。この日も元気いっぱいにカラオケで歌っていました。
長生きで元気の秘訣はと聞かれて
1に1日1回汗をかく
2に10人と話す。
3に100文字書く
4に1000文字読む
5に10000歩歩く
と言っていました。  なかなかむずかしいです。
posted by 辰巳屋旅館の番頭さん at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 辰巳屋 六六三十録

2011年04月13日

紙芝居がやってきた




県庁時代の先輩の石山さん 紙芝居仲間の1員として被災者の慰問に
来ていただきました。当地区の旅館組合長の池田氏の義兄でもあります。
黄金バットに81歳の高橋さんは感激していました。
石山さんは紙芝居に関する本も出版しているそうです。本当にありがとうございます。
posted by 辰巳屋旅館の番頭さん at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 辰巳屋 六六三十録

2011年04月07日

猪鍋を食う民宿避難所





昨日の夜の猪鍋です。
定年になりたての久保寺氏がはるばるやってきて材料、料理一切作ってくれました。どんどん具を入れてどんどん増えて
100人分ぐらいになりました。
おとなりさんやら親戚の受け入れ民宿におすそ分けしました。



この日は宿の古い顧客である平田先生も春物の洋服を持って来てくれました。
皆さんの善意を感謝するとともに、この元凶であるものをどうにかならないかと
また、片品は避難するにはよいが生活再建には不向きという久保寺氏の言葉が
気になります。もっと仕事のある大きな町で交通の便利な町で片品のようにやれたらと思います。



 
posted by 辰巳屋旅館の番頭さん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 辰巳屋 六六三十録

2011年04月06日

帰りたい避難者

暖かくなってきました。
今日朝早く3人家族の田中さんが千葉の次男の家に移動すると迎えの車で
出て行かれました。千葉の公営住宅に入れるそうです。
昨日は5人家族の福島さんが、会社が営業を始めたので就業するため出て行かれました。
住む所は後回しにして、とりあえず仕事が第一という決断です。

帰ったと聞いたお隣の旅館の避難者はびっくりして 帰れるはずないだろう と怒っていた。
帰る、帰りたいという思いは皆激しく切実です。ちょっとこわいです。
東電の原発責任者に聞かせたいです。

昨日は鍼灸師の方が千葉からきて治療をしてくれました。
今日は前橋の美容師さんがきて髪を切ってくれました。
また役場から米など支援物資をたくさん届けてくれました。

スキーの常連客さんからも電話があり何かお手伝いしたいと申し出ていただきました。

役場の支援センターにも大勢の村の人たち、村外の人たちがボランテェイアで手助けしてくれています。
本当にすごいなと思います。

地震で屋根がこわれた家をそのままにして避難したので雨が降るのがこわいと話していた避難者の鈴木さん
1日も早く帰れる日くるように・・・・

posted by 辰巳屋旅館の番頭さん at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 辰巳屋 六六三十録

2011年04月02日

クロッカスが咲いた避難所


今日は暖かく穏やかな日でした。


雪どけの庭に咲いたクロッカスです。



同じく福寿草です。
洋服の差し入れを親戚からいただきました。女服なので
女性だけで選んでいます。
冬物は足りています。下着類、春物が不足しているそうです。

posted by 辰巳屋旅館の番頭さん at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 辰巳屋 六六三十録