2011年03月23日

民宿 避難所だより

他の宿へ移動する5人の方達です。
短い間ですがみな総出で、別れを惜しみました。親戚の宿のおかみさんは頑張って
お世話したらしく一人一人の被災者を皆おぼえていて感極まり涙目でした。

南相馬市は馬を愛する所で、馬が泥にまみれてうごめいていたり、死んだ馬の目をカラスが食っていた
光景を見た時は地獄のようだった。と言っていた佐藤さんも移って行かれました。

今日は1度c 雪が飛ぶ寒い日でした。段々暖かくなるように段々よい方向になっていくと信じたいです。
posted by 辰巳屋旅館の番頭さん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 辰巳屋 六六三十録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43971405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック