2011年06月17日

被災地へ帰る

今日 被災者10人のうち6人が南相馬へかえりました。89歳の高橋さんも帰りました。
20日には2人帰り2人残ります。
まだまだ安定しない、不安をかかえたままの帰宅です。
受け入れ側の私達もアドレナリンがきれたような脱力感を感じています。
今回の経験をとおして南相馬市を近くに身近に感じるようになりました。来年は相馬野馬追い祭りを
見に行きたい。その日が来ますようにと願わずにはいられません。
posted by 辰巳屋旅館の番頭さん at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 辰巳屋 六六三十録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46098761
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック